>

賞味期限を確かめよう

冷凍食品にも賞味期限がある

次は冷凍食品の賞味期限についてです。
食べ物については賞味期限があります。
食べ物は永遠ではありません。

冷凍してあるとはいえ賞味期限はあります。
ただ、冷凍なので生ものに比べて賞味期限が長いです。
なのでまとめ買いしても大丈夫と想いがちです。
ですが、食べ物はいずれ腐れます。
冷凍していてもそれは一緒です。
なのでちゃんと賞味期限を見て食べきれるかどうかを判断する必要があります。

大量購入の末、食べきれなくなることがあると実にもったいないです。
冷凍だから大丈夫ではないのです。
食べ物は食べてこそ価値があります。
食べるために購入しているのであり食べられなくなったら価値がありません。
食べられるうちがはなであり価値があるのです。
ですから賞味期限はちゃんと調べて購入しなくてはなりません。

解凍の仕方について

冷凍食品にも賞味期限はあります。
ですが、ここで根本的に考えかたを覆す方法でできている冷凍方法をしている商品があります。
それは、冷凍のしかたが従来のものと違うものです。

その冷凍方法により従来の冷凍食品よりさらに賞味期限が長持ちするものもあります。
この方法は主に生ものなどに使われることが多いです。
さらにこの方法では新鮮なまま数年は冷凍保存できます。

ですが、この方法には弱点もあります。
解凍のしかたです。
ゆっくり冷凍されているため、解凍も時間をかけなければなりません。
流水をかけても中は凍ってますし、レンジにかけても中に火が通ってしまい外側は凍ったままになります。
ですので解凍のしかたは付いてくる説明書きの通りにしなくてはなりません。


この記事をシェアする